事務職求人ガイド【※人気企業の事務職への転職】

事務職への転職をお考えなら転職サイト!

従来までは女性の仕事とされてきた事務職ですが、最近では男性でも希望する方は珍しくありません。激務であることもあまりない事務職はワークライフバランスの面でも働きやすいと言えるでしょう。

事務職で自分の条件にあった求人情報を探すなら、やっぱりリクルートエージェントがすごく便利です。わからないことや不安な点もスタッフが親身にサポートしてくれるので、転職を失敗したくないならぜひ活用しましょう。

事務職の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートグループが運営するリクルートエージェントはこれまで30万人もの転職を実現してきた転職サイトです。大手から中小企業まで幅広い企業の求人を取り揃えているのが魅力で、事務職での転職を目指す方にとっては多くの選択肢の中から選べるメリットがあります。しかも非公開求人も多数、ここでしか入手できない求人も多いので意外な掘り出し物を見つけることも可能です。キャリアアドバイザーのサポートを利用すれば事務職には難しいといわれるキャリアアップも見越した求人探しもできるでしょう。

DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
DODAは大手企業をはじめ数多くの企業への転職を実現してきた転職サイトです。事務職はどの企業でも必要とされる職種だけに、多くの企業からの求人を探せるのは非常に魅力的なポイントです。しかも非公開求人が充実、扱っている求人のじつに8〜9割が非公開となっているので一般公開の求人サイトでは見つけられない好条件の求人も見つけられます。経験豊富なキャリアコンサルタントによるマンツーマンのサポートなど、事務職の転職に必要なノウハウを踏まえたうえで転職活動を行っていけます。

マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビエージェントはマイナビグループが運営する転職エージェントです。幅広い業種の人事採用担当者と太いパイプを持っているのが大きな魅力で、転職の状況や求人情報ではなかなか見えてこない詳細な情報などを入手できます。事務職は業種を問わず広く転職先を探していくケースが多いだけにマイナビエージェントの情報網は魅力です。しかも専門のキャリアコンサルタントがひとりひとりの適性や希望を踏まえたサポートを行ってくれますから、レベルやキャリアに合わせた事務職の転職探しを行っていけます。

事務職で転職したい方へ

事務職で転職したいと希望している方は自分がどんな目的で事務職を目指すのかをはっきりさせたうえで求人探しや転職の準備にとりかかりましょう。この職種はイメージ的に「転職しやすい、未経験でも採用のチャンスに恵まれる」といったハードルの低さが強調される傾向が見られます。確かにそうした面があるわけですが、その点ばかりを意識して転職先を探してしまうといざ採用されて入職した後にどのような環境で働くことになるのか、という視点が欠けてしまいます。

事務職は転職しやすいといわれる理由のひとつがどの業種・企業でも必ず求められる点です。幅広い業者からたくさんの選択肢を見つけることができるからこそチャンスを得やすくなるというわけですが、その分多くの求人の中から自分に合った職場を見つけていくのが難しいという問題も出てくるのです。例えば同じ事務職でも製造業とサービス業では行う仕事内容にも違いが出てきます。さらに近年では医療事務や介護事務など他の一般的な事務職とは少々異なる環境からの需要が増えているだけにこの点を良く踏まえておくことが大事になってきます。

それからキャリアアップのチャンスがどれだけあるか。事務職とひと口にいっても実際には幅広い部署に在籍して活躍しています。総務、経理、人事、営業、広報・宣伝、法務などなど、当然のことながら在籍する部署によって仕事の内容に違いが出てきます。同じ書類作成でもその内容が全く違うため求められるスキル、あるいは仕事を通じて身につけられるスキルにも違いが出てくるわけです。

また未経験歓迎の求人のほとんどは一般事務です。これは専門的な事務の仕事ではなく資料やデータの作成など補佐的な役割を担当する仕事です。エクセルやワードといったソフトさえ扱えれば未経験でもすぐに仕事に馴染める一方、キャリアアップや昇給の面で限界が出てきます。そのためキャリアの途中でより専門的な業務を担当する事務職に就くことができるかどうかが転職の際に大事なポイントとなります。求人を探す際には5年後、10年後を見据えたキャリアプランを練ったうえで臨むようにしましょう。

資格の取得も事務職の転職では大きな意味を持ちます。ここでもどんな仕事を担当したいのかによって役立つ資格が異なっており、例えば経理なら日商簿記、秘書事務なら秘書技能検定など、特定の分野で役立つ資格からMOSのような広く事務職全般で役立つ資格もあります。取得しやすい資格を選ぶか、難易度は高いけれども転職の際に強力なアピール材料になってくれる資格を選ぶか、この点の選択も視野に入れておきたいところです。


Copyright (C)2016-2017 事務職求人ガイド【※人気企業の事務職への転職】 All Rights Reserved.